【女性のための生理周期別ダイエット方法】BEYOND福岡天神店トレーナーが解説!ダイエット方法は時期で変えよう!

お知らせ

【女性のための生理周期別ダイエット方法】BEYOND福岡天神店トレーナーが解説!ダイエット方法は時期で変えよう!

みなさん、こんにちは!
BEYOND福岡天神店トレーナーの川内丸です!

 

 

今回は女性のための生理周期別のダイエットについて解説していきます。

 

男性の皆さんも読んでいただくとダイエット中のパートナーの気持ちやどう接すればいいのかなどがわかると思います。

 

【生理周期別ダイエット】

 

生理周期は人によって個人差はありますが、28~35日が正常と言われています。

 

この28〜35日の間に女性の身体の中では様々なことが起きています

 

ホルモンバランスの変化やそれに伴って体温の変化が起こっています。

 

この期間別で解説していきます。

 

【生理中のホルモンの種類】

 

女性ホルモンの中でも主に2つ解説していきます。

 

①エストロゲン(卵胞ホルモン)

 

エストロゲンは女性らしい体を形成したり自律神経を安定させたりする役割をもっています。

 

このエストロゲンは卵胞ホルモンと呼ばれ、主に卵胞期に優位になりやすいです。

 

このおかげで月経後、身体の調子がよくなります。

 

②プロゲステロン(黄体ホルモン)

 

プロゲステロンは身体の体調を崩したり精神が乱れたりしやすくなります。

 

また、このホルモンが優位な時期は水分を体に溜め込みやすいです。

 

なにもしてないのに体重が増えたという女性はこのホルモンが優位になっている可能性があります。

 

個人差はありますが、人によっては2〜3キロ増える方もいらっしゃいます。

 

【時期別おすすめダイエット】

女性は28〜35日間に卵胞期、月経期、黄体期の3つに分かれます。

 

①卵胞期

 

卵胞期はエストロゲンが優位になりやすく身体の調子がいいです。

 

この期間は炭水化物もしっかり摂りましょう!

 

炭水化物もしっかり摂ってトレーニングもいつもよりちょっとだけ頑張ってみましょう!

 

いつもより重量を少し重くしたりセット数を増やしたりしてみましょう!

 

②月経期 

 

月経期はエストロゲン、プロゲステロンが低くなっているので、体脂肪が燃えやすいです。

 

女性ホルモンの値が低くトレーニングもしやすい時期ですが、合わせて体調も悪くなりやすいので注意が必要です!

 

③黄体期

 

黄体期はプロゲステロンが優位になりやすく、身体の調子は比較的悪くなりやすいです。

 

この時期は体温が上昇しやすいです。また食欲が増加するのもこの時期ですが注意が必要です。この時期は炭水化物を溜め込みやすい時期になるので

 

食べ過ぎてしまうと体重が増えやすいです。

 

この時期は無理しすぎるのはよくないので、外を少し散歩してみたり余裕があればジョギングすることをおすすめします!

 

【まとめ】

 

いかがでしたでしょうか?

 

女性はなかなか時期によって痩せづらい時もありますが、逆に痩せやすい時期もあるので

 

うまく使い分ければダイエットも上手くいきます!

 

ただトレーニングや食事はなかなか難しいかと思います!

 

BEYONDではトレーニングはもちろん、食事指導も個別で行なっております!

 

もしダイエットがうまくいかないという方がいらっしゃったら是非BEYOND福岡天神店の無料カウンセリングにお越しください!

 

いろいろとお話をしていく中でなぜ痩せないのかを見つけ、その解決に向けて一緒に頑張れればと思います!

 

皆様のご来店お待ちしております!!

 

BEYOND福岡天神店の様子はこちら!

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

最後まで、ご覧いただきありがとうございます!(^^)/

BEYOND(ビヨンド)ジム福岡天神店では、体験トレーニング、無料カウンセリングを実施中!

24時間何時でもご予約承っております!
下記のWebサイト、LINE@、電話番号よりお問い合わせください!

LINE@:@251qrrjq


BEYOND 福岡天神店
〒810-0041
福岡県福岡市中央区大名1丁目8-18ロイヤルパークス大名2F
最寄駅:地下鉄赤坂駅(徒歩5分)/地下鉄天神駅(徒歩7分)

BEYOND 福岡天神ANNEX店
〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神2丁目3-29 天神ハイム501号
最寄駅:西鉄福岡(天神)駅(徒歩2分)/地下鉄天神駅(徒歩5分)/地下鉄天神南駅(徒歩7分)